ホワイトニング

whitening

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、歯を白くするための歯科治療の一つです。特別な薬剤を使用して歯の表面に付着した色素を分解し、歯を明るく見せてくれます。コーヒー、紅茶、ワイン、たばこなど、日常生活で摂取する物質によって歯が黄ばんだり、変色したりすることがありますが、ホワイトニングによってそのような色素を取り除き、自然な白さを取り戻すことが可能です。

ホワイトニングの種類

◆オフィスホワイトニング


オフィスホワイトニングイラスト

歯科医院で行うホワイトニングで、専用の強力な薬剤と特殊なライトを使用します。1〜2時間の治療で即座に結果が得られます。治療は歯科医師が監督するため、安全性が高いです。

◆ホームホワイトニング


ホームホワイトニングイラスト

自宅で行うホワイトニングで、歯科医師から指導を受けた上で、専用の薬剤を含むマウスピースを装着し、数日から数週間にわたって行います。結果は徐々に現れますが、自宅で自分のペースで治療を行えるメリットがあります。

ホワイトニングをするメリット

歯が白いとそれだけで笑顔に自信をもつことができます。

ホワイトニングは若い女性だけが行うものではありません。

最近では就活や営業などの理由で実施する方も多く、男性や中高年の患者さんも増えています。

中高年の方は歯を白くすることで、見た目はもちろん気持ちまで若々しくなります。

白くてきれいな歯の女性

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングは確かに魅力的な治療法ですが、開始する前にいくつかの重要な点を考慮する必要があります。まず、全ての人がホワイトニングに適しているわけではないことを理解することが重要です。虫歯や歯周病、過敏症といったお口の中の問題がある場合や、特定の薬剤に対するアレルギーがある場合、ホワイトニングが推奨されないこともあります。そのため、ホワイトニングを始める前には、必ず専門の歯科医師と相談し、適切な評価と指導を受けることが必要です。


次に、ホワイトニング後の歯の色の結果は個々に異なり、治療前に理想的な色合いを歯科医師と話し合うことが重要です。また、既存の詰め物やクラウン(被せ物)はホワイトニングの影響を受けず、その色が変わることはありません。したがって、これらの治療を受けている人は、ホワイトニング後に自然な外観を保つために追加の治療が必要となる可能性があります。


最後に、ホワイトニングの効果を保つためには、日々のブラッシングとフロッシング、定期的な歯科検診、そして色素を多く含む飲食物(例えば、コーヒー、ワイン、紅茶、たばこなど)を適度に制限することが重要です。これらの注意点を頭に入れて、健康で白い笑顔を維持するための最善の手段を見つけましょう。

ホワイトニングよくある質問

Q1: ホワイトニングは歯に害を及ぼしますか?


正しい手順で行われるホワイトニングは、通常、歯に害を及ぼすことはありません。しかし、過度なホワイトニングや正しくない手法を用いた場合、歯の感度が上がることがあります。また、ホワイトニング前に虫歯や歯周病があると、症状が悪化する可能性があるため、ホワイトニングを検討している方は、必ず歯科医師に相談し、適切な手順を理解してから行うようにしましょう。

Q2: ホワイトニングの効果は永続しますか?


ホワイトニングの効果は一時的なものであり、一般的には数ヶ月から数年続くとされています。効果の持続期間は、個々の歯の状態、飲食習慣、口腔衛生習慣などにより変わります。たとえば、喫煙やコーヒー、紅茶、ワインなど色素が強い飲食物を頻繁に摂取すると、効果が薄れやすくなります。

Q3: 自宅でのホワイトニングと歯科医院でのホワイトニング、どちらが良いのですか?


自宅でのホワイトニングと歯科医院でのホワイトニングには、それぞれ長所と短所があります。自宅でのホワイトニングは時間と場所を選ばずに行え、費用も抑えられます。しかし、効果を感じるまでに時間がかかることが多く、適切な方法で行わないと歯に悪影響を及ぼす可能性があります。一方、歯科医院でのホワイトニングは、歯科医師によって行われ、即効性があり、安全性も高いです。ただし、費用は自宅でのホワイトニングよりも高くなることが多いです。最適な方法は、個々のライフスタイル、予算、そして何より歯の状態によりますので、歯科医師とよく相談して決めてください。

Q4: ホワイトニングはどれくらいの頻度で行えば良いのですか?


ホワイトニングの頻度は、ホワイトニングの方法と個々の歯の状態によります。一般的には、歯科医院でのホワイトニングは1〜2年に1回、自宅でのホワイトニングは数ヶ月ごとに行うと良いとされています。ただし、これらは一般的な目安であり、個々の歯の状態やホワイトニングの目的により異なるため、最適な頻度は歯科医師に相談してください。

ホワイトニングは、明るく健康的な笑顔を作るための素晴らしい方法ですが、正しい知識と手順を理解することが重要です。

当院では、患者様一人ひとりのニーズと歯の状態に合わせた最適なホワイトニングプランをご提案します。

ホワイトニングについての詳細な情報をお求めの方は、ぜひ当院までお問い合わせください。

なぜ歯は黄ばむのか?

歯が黄色くなる原因は様々です。年齢、飲食習慣、口腔衛生、病状など、個々のライフスタイルと健康状態によって影響を受けます。

以下に、主な原因をいくつか詳しく説明します。

◆飲食物による着色


日常的に摂取する飲食物には、歯を黄ばませる可能性があるものが多く含まれています。コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどの色素が強い飲食物は、歯の表面に付着し、時間とともに色素が歯に浸透して黄ばみを引き起こします。

◆喫煙


タバコに含まれるニコチンとタールは、歯を黄色く染める大きな原因となります。これらの化学物質は歯のエナメル質(歯の外側の硬い部分)に深く浸透し、黄色い着色を引き起こします。

◆歯のエナメル質の摩耗


年齢とともに歯のエナメル質はすり減り、その下にあるデンチン(黄色い色をしている歯の内側の部分)が見えやすくなります。これが、年を取ると歯が黄色く見える理由の一つです。

◆口腔衛生


定期的なブラッシングとフロッシングを怠ると、プラークや歯石が溜まり、これが歯を黄色く見せます。また、お口のケアを怠ると、虫歯や歯周病の原因にもなります。

◆ 病気や薬物の副作用


特定の病気や薬物、特に高血圧やアレルギー治療薬などの一部の薬は、歯の色を変える可能性があります。

以上のように、歯の黄ばみは多くの要素によって引き起こされます。それぞれの要因は異なる程度の影響を及ぼし、個々の歯の色に影響を与えます。

ただし、適切なお口のケアの習慣を維持し、定期的な歯科検診を受けることで、歯の黄ばみは予防・管理することが可能です。


当院では、各患者様のニーズと状況に合わせた最適なアドバイスとケアを提供します。

黄ばんだ歯に対するお悩みや質問がありましたら、お気軽にご相談ください。

ホワイトニングの関連ページ


ホワイトニング前後のケア方法